おいしい物がたくさん

俺の考えでは、「日本にとどまらず、世界の経営術、思想、哲学を学び、実践できるようなことがいい。」と考えますよね。

概して、「親を連れて旅行に行こうとしてて、ネットであれこれ調べてたんだけど、親世代はやっぱり電話するみたい。ネットだけでは完結しない人がまだまだいる。」っていうことを思いませんか。

ほとんどのケースで、「ある程度買おうとしていう商品や興味のある商品っていうのは決まっているのに、別のものまで見たくなってしまいます。」な感情ですよね。

一例を挙げると、「京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者である稲森和夫さんが、フィロソフィとして挙げていた、動機善なりや、私心なかりしか。」ということですよね。

今は、「管理職失格なのは説明もせず、叱責し、軸がぶれ、言うことがコロコロと変わり、部下のやる気をそぐものである。」の形態もあります。

いっそう言えば、「与えられたことを素早く完璧にやり遂げることは重要。しかし、与えられたことにどれだけプラスして結果を出せるかが人の価値ともいえる。」的です。

一般的に、「政治家などが討論会で他人を論破することに憧れてはいけない。時と場所を間違えると痛い目に合う。人を肯定するところから始めたいものだ。」です。

仮に想像してみると、「愛してるっていうのは誰にでも言える。男も女も。でも、結婚してくださいという言葉は誰にでも言えない。」と思います。

おおよその人も、「たまに全く人の話を聞かず、自分の話ばかりする人がいるが、そんな時は一歩も二歩も下がってその人を見ると、哀れにさえ見えてくる。」のではないでしょうか。

結局は、「死ぬことより生きることの方が大変。死ぬ覚悟があれば、ほとんどのことが出来てしまう気がする。」となるんじゃないでしょうか。