あったらいいな見つけました

私が思うに、「自分が理解できないことに人を巻き込む(これは今までもよくあるパターン)という行動にでた。」と考えませんか。

往々にして、「若い時はお祭りや花火大会などの行事ものに反応していたけど、おっさんになると、興味を示さなくなってくる。疲れるとか、混んでるとかの言い訳で。」というと分かりますかね。

おおよそのケースで、「あまり詳細がはっきりしないものはやめておいて、しっかり調べて見ても分からない場合は、遠慮せずに問い合わせてみるべき。」な思いですよね。

例をあげると、「京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者である稲森和夫さんが、フィロソフィとして挙げていた、動機善なりや、私心なかりしか。」みたいな。

近頃は、「できそこないだろうが、やる気がなかろうが、そういう人たちも含めて企業であり、仕事ができる環境をあたえるべきである。」の例もあります。

一段と深く言えば、「自分が線物的な知識や技術を身につけて、買い手から売り手(作り手)に変わる。」が世間的です。

多くの場合、「短所を克服するのと長所を伸ばすのとでは、長所を伸ばす方が良い。もちろん短所も修正しながらだけど。」もあります。

熟考してみれば、「家事をする男性が増えてきている。が、やはり全くしない男性もまだまだ多い。そのこと自体の良い悪いではなく、家事は大変な重労働なので、ねぎらい、感謝の言葉をかけることは重要。」って言う風な感じです。

多くの人も、「全く通販をしたことが無いっていう人は少なくなっていると思うし、SNSなんかでも活用してネットが無い世界は考えられない。」となるのが一般的かと思います。

決めては、「出来なかったら殺されると思っていう人いるけど、日本じゃそんなことが無いから、真剣に想像できないよ。」となるのが自然です。