あったらいいなチェックしています

僕の考えでは、「自分のできること、やりたいことは、その時に不要であっても、率先して行うわりに、不得意なことや面倒なことに直面するとすぐに逃げる。」と思いますよね。

自分は、「若い時はお祭りや花火大会などの行事ものに反応していたけど、おっさんになると、興味を示さなくなってくる。疲れるとか、混んでるとかの言い訳で。」っていうことを思いませんか。

ほとんどの時は、「安くてお買い得なものを調べるために、価格コムや楽天amazonなどで調べる人も多いと思います。」な感じですよね。

只々、「古代ギリシアの哲学者、アリストテレスが言った、“垣根”は相手が作っているのではなく、自分が作っている。」の雰囲気ですよね。

現世代では、「全員が同じようにできると思う方が間違いで、育ち方や理解の度合いは全然違う。これは学歴と比例しない。」の形態もあります。

一段と深く言えば、「新しいことに直面した時に創造性や問題解決能力が発揮される。逃げるクセは一度つくとなかなか治らないので、辛くても立ち向かう。我慢は一瞬である。」的な考えです。

一般的に、「でも、とか、だけど、を使いすぎると相手はいい気持ちがしないということを知っておこう。」ということも。

思慮深くみれば、「思いがけず気になる異性と二人きりになった時を想像して妄想しておくとよい。これは仕事でもいざチャンスが来た時を想像して妄想して準備しておくことと同じシミュレーション。」って言う風な感じです。

皆さんも、「本当にうつ病で苦しんでいる人には申し訳ないが、ときどきうつ病になりたいと思う時がある。」となるのが一般的かと思います。

結論づけるのは、「どんな人生を選ぶのかっていうことは大事だけど、選んだ人生をどういう風に生きていくかっていうのがもっと大事。」という感じです。