あっこれだ!スポーツ

俺が思うに、「ショッピングをするとき、多くの人は品物が同じなら少しでもリーズナブルに手に入れたい。」と考えますよね。

概して、「ネットの利用者もいろんな防御策とか、セキュリティの強化とかしてるけど、おそらくネット犯罪の被害者になってるのはお年寄りが多いのでは?」ってうのがしっくりきます。

たいていの時は、「ネットで商品を選んで購入する時、支払いは遠方に住んでいる両親がする。これは孫にプレゼントしたいおじいちゃんやおばあちゃんには欲しがっている使用法。」な感触ですよね。

一例を挙げると、「日本人として初めてノーベル賞を受賞した、湯川秀樹さんが言った、アイデアの秘訣は執念である」のようなことですよね。

今時では、「ライバルに勝つために自分が上に行くのではなく、自分はそのままで、ライバルを何とか蹴落とすことしか考えないような人。」ということもあります。

なお深く言えば、「新しいことに直面した時に創造性や問題解決能力が発揮される。逃げるクセは一度つくとなかなか治らないので、辛くても立ち向かう。我慢は一瞬である。」的な考えです。

世間を見ると、「でも、とか、だけど、を使いすぎると相手はいい気持ちがしないということを知っておこう。」となるんです。

思い描いてみると、「本当はいらない、必要のないものまで買う必要はないはずなのに、安いからと言って無理に買ってる場面もある。」と思います。

身近にそういう人がいたり、話しを聞いたりすると、ちょっと感情が揺れ動いたり、憧れたり、したことがある。」となるのが一般的かと思います。

結論づけるのは、「購入の際に考えることは自らが本当に必要かどうか、そして他人にアドバイスを求められた時にその物を薦めるか。」という考えがナチュラルです。