192小清水様39才

薄毛に悩んでいるといっても、でも、男性のハゲ(薄毛)について良いイメージがあるという女性も多くいます。例えば「薄毛になるのは男性ホルモンが多い証拠なので男らしくていいじゃない」とか、「顔つきがスッキリはっきりみえて、帽子などのオシャレも素敵に決まる」、「大人な感じで落ち着いていて良い」など。また、「ロン毛に比べれば爽やかに見えて良い」という女性もいます。でも、どのようにしても治らない薄毛になってしまっているなら、いいイメージを持たれるような薄毛の男を目指すのも良いですが、まだハゲていないなら薄毛にならないための努力をするべきですよね。

早速使ってみました15分ちょっとおき、拭き取ってみるとつるっつるに人それぞれでハゲの種類も悩みの強さも違います。男の薄毛(ハゲ)を対策したいと思うなら、まずその原因を探り、予防法を考えるなどして、実行するようにしましょう。何をしても生えてこないのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし、最近は医学が進歩しており専門のクリニックを探して通うなどの適切な治療で治る人もいるのです。

男のハゲの原因には、男性ホルモンが挙げられます。まだ若いのにハゲている若ハゲは特にやはり男性ホルモンの影響はとても大きいと言えるでしょう。また、髪の毛がだんだんM字にハゲてくるM字ハゲも、頭のてっぺんからハゲてくるハゲも、男性ホルモンも大きく関係してくるでしょう。そしてハゲを治したいなら育毛剤を使ったり、薄毛の原因が分かるので対策することが必須です。

男性の薄毛(ハゲ)に良いと言われている食事をきちんと毎日食べて薄毛予防をしましょう。毎日の食事から得る栄養は、私達の体を作るもとになります。そして、髪の毛も食事から得られる栄養素によって作られます。男のハゲ(薄毛)に良い食事はバランスよく栄養を摂ることができる食事です。ハゲや薄毛に効果が期待できる食材は納豆や高野豆腐、牡蠣などです。つまり、髪の毛を作る主成分であるタンパク質、頭皮の新陳代謝を促す作用があるビタミンB群を摂るといいでしょう。

男の薄毛(ハゲ)を予防するには、生活習慣を整えることが基本。ハゲやすい生活習慣とは、睡眠時間が足りない、シャンプーの仕方が悪い、皮下脂肪が多い、栄養状態が最悪、ストレスが発散できずにいる、血行が悪くて体が冷えやすい、野菜を食べずに肉ばかりを食べる、炭水化物をたくさん摂ってしまうなどです。

話題の育毛剤にはたくさんのものを目にしますが、男のハゲに効く育毛剤を選ぼうとするときには自分のハゲの理由に適したものを選んでくださいね。さらに、成分がしっかり毛根に届けられるかどうか?という点も選択の時の大事な部分です。

大切なポイントになります。毛穴を塞いでいる皮脂汚れなどをきちんと洗う効果があるもの、マッサージによって頭皮の血行効果が高まるもの、保湿力もあり頭皮に負担なく使えるものです。丁寧に洗い流すようにしましょう。

男の薄毛(ハゲ)を対策したいなら、頭皮をマッサージで柔らかくすると髪が生えやすくなるでしょう。毎日マッサージすれば頭皮の血液の流れが良くなるので薄毛や抜け毛の悩みが改善できるかもしれません。お風呂上りに育毛剤を使う時などに身体が温かく血行が良い状態の時にマッサージをすることをおすすめします。

ハゲの男性の事を「ハゲメン」と呼びますが、ハゲメンと呼ばれたとしても格好悪い人ばかりではありません。なぜなら、ハゲててもカッコイイ有名人がたくさんいるからです。渡辺謙(俳優)さん、若い頃からハゲメンの竹中直人さんや西村雅彦さんがいます。また、カッコイイハゲの男性と言えば、小日向文世さん、所ジョージさん、片岡鶴太郎さん、泉谷しげるさんもいますね。ハゲは隠さず見せたほうが良い、という女性が意外と大勢いるんです。

ハゲて得することがあったら知りたい!と思ったらそうでもないです。ハゲで得したぜ!と思う事もあります。それは、髪の毛がたくさんある人だと決して知らない事でしょう。例えば、ある程度年齢がいっている人に見られてビジネスシーンではすごく信頼されることもあります。また、髪型で悩んでしまう事も無く髪の毛を洗ったとしてもすぐに乾きます。シャンプーも1本で長いこと持ちますよ。