読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミ No.655投稿者:柊様33才

男性が「ハゲで悩んでいる」と言っても、ですが、実は男性の薄毛(ハゲ)について良いイメージの女性が多くいることも確かです。例えば「男性らしくていい」とか、「ハット(帽子)が似合う、おしゃれに見える」、「大人な感じで落ち着いていて良い」など。また、「長髪よりも清潔感があるように見えて良い」という女性も。しかし、どのようにしてもハゲが治らない状況なら、良いイメージを持って貰えるようなハゲを目指しても良いですが、現時点でハゲになっていないなら予防と対策をしてハゲないようにしましょう。

一本も残さずとはなりませんでしたが、かなりごっそり除毛できました若ハゲやM字ハゲというようにどのくらい悩んでいるのかというのも違います。男性の薄毛(ハゲ)の対策をするなら、その原因を見つけること第一でそれに基づいて対策方法を考え、実行するようにしましょう。どのような方法も無駄かもしれない…と思う人もいるかもしれません。でも、近年は医療が進んでいますし、専門の医療機関を受診するなどの

男のハゲ(薄毛)の原因は何かというと、それは男性ホルモンです。年齢が若いのにハゲてしまう若ハゲは特に遺伝が影響するそうですが、男性ホルモンも大きく影響しています。また、M字にハゲてしまうのも、つむじのハゲの場合も、やはり男性ホルモンの影響の方が大きいです。そしてハゲを治したいのであれば、育毛剤や発毛剤を使ったり、なぜはげるのかという事は明確になっているので対策をしてみることが必要です。

男性のハゲ(薄毛)に良い食事をしっかり摂ってハゲの予防や対策をしましょう。毎日の食事から摂る栄養は、私達の体を作る成分になります。そして、髪の毛も食事の栄養素からできています。男性の薄毛(ハゲ)に良い食事は、栄養バランスが整っている食事。ハゲの予防や対策に効果が期待できる食材はレバー、牡蠣、ほうれん草、かぼちゃ、焼きのり、納豆、高野豆腐、果物などです。つまり、髪の毛を作る主成分であるタンパク質、新陳代謝を高めるビタミンB群を摂るようにするといいでしょう。

男性の薄毛(ハゲ)を対策しようと思ったら、生活習慣に気を付けることが大事。ハゲてしまう生活習慣とは、毎日寝不足、シャンプーの仕方がダメ、食べ過ぎで太っている、栄養状態が悪い、ストレスが上手に発散できない、冷え性で血行が良くない、肉が大好き、炭水化物をたくさん食べることが多い。

育毛剤と言われているものにはとてもたくさんありますが、男の薄毛を改善するための育毛剤を選択するというなら自分の薄毛の原因に合ったものを選んでください。毛根に行き渡るかどうか?

大切なことです。十分に洗い落とす効果があるもの、マッサージの作用で頭皮の血行作用が良くなるもの、保湿する効果もあって頭皮に負担がかからずに使えるものです。シャンプーを手に取って泡立て頭をマッサージするように洗い、十分にすすぎましょう。

男性の薄毛(ハゲ)を予防するなら、マッサージをしてみませんか?頭皮をマッサージすると髪の毛が生える効果が期待できます。正しいやり方でマッサージすると血液の流れが良くなるので薄毛や抜け毛の悩みから解放されるかもしれません。入浴後など頭皮の血流が良くなっているときなどにマッサージをすることをおすすめします。

ハゲの男性の事を「ハゲメン」と呼びますが、だからといって格好悪いという事はできません。その証拠に大勢のハゲててもカッコイイ有名人がいます。男優の渡辺謙さん、若い頃からハゲメンの竹中直人さんや西村雅彦さんがいます。また、小日向文世さん、所ジョージさん、片岡鶴太郎さん、泉谷しげるさんも格好いいハゲメンです。ハゲは隠さず見せたほうが良い、格好良く見える!という女性が大勢いますね。

ハゲて得することを探すのは難しい!と思う方もいるかもしれませんがそれはちょっと違います。ハゲて得した!と感じることも色々あります。それは、髪の毛がたくさんある人には分かるはずがないことです。例えば、ハゲているとホントの年齢よりも上に見られてビジネスの場では信頼感を得やすいことがあります。また、髪型もいつも決まるし、髪の毛の乾きも素早いです。シャンプーもちょっとでOKなので経済的です。