口コミ No.679投稿者:有田様44才

男性が「ハゲ(薄毛)の悩みがある」と言っても、でも、本当は男の薄毛(ハゲ)に良いイメージを持っている女性もいるのです。例えば「男性ホルモンの分泌が多いとハゲてしまうのだから男らしい」とか、「顔つきがはっきりして見える」、「帽子をかぶるとオシャレで素敵」、「雰囲気が大人のイメージで安心できる」など。また、「ロン毛に比べれば爽やかに見えて良い」という女性もいます。しかし、ハゲているなら、良いイメージを持たれるような薄毛(ハゲ)を目指すのも一つの方法ですが、まだ薄毛になっていないなら、そして諦めていないなら、今ある髪の毛をなるべく守る努力をしましょう。

驚くくらい効果がでたなと思うんです若ハゲ・つむじはげ・M字ハゲというようにハゲの種類も悩みの強さも違います。男性の薄毛(ハゲ)を解決しようとするのであれば、まずはその原因を調べて対策法を考え、その方法を実行してみることが大切です。何をしても生えてこないのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし、現代は医学が進歩しましたし専門の病院に行くなどの正しいケアで髪の毛が復活することは少なくありません。

男の薄毛の原因は男性ホルモンだと言えます。若い時からハゲが始まる若ハゲは特に遺伝が大きく影響しているそうですが、やはり男性ホルモンの影響は大きく見逃せません。また、生え際がだんだん後退するM字ハゲも、頭のてっぺんからハゲてくるハゲも、やはり男性ホルモンの影響が大部分です。そしてハゲを治すなら育毛剤を使う、薄毛になってしまう原因を突き止められるので

毎日の食事で男の薄毛(ハゲ)に良いと言われているものをきちんと食べてハゲ・薄毛にならないように予防しましょう。そして、髪の毛も毎日の食事によって作らています。男性の薄毛にいい食事とは、しっかりバランスよく栄養を摂ることができる食事。ハゲや薄毛の予防や対策に効くといわれている食材は納豆や高野豆腐、レバー、牡蠣、焼きのり、ナッツ、クラものなどです。髪の毛の主な成分であるタンパク質、頭皮の新陳代謝を促進すビタミンB群が良いのです。

男の薄毛(ハゲ)は、生活習慣が大事。薄毛になってしまう可能性が高くなる生活習慣とは、睡眠不足が続いている、シャンプーの仕方がダメ、太い、栄養素が偏っている、ストレスが発散できずに溜まっている、低体温、肉や脂っこいものが好き、炭水化物を食べるのが大好き!などです。

育毛剤の数・種類は色々なものを見かけますが、男性の薄毛に良いと言われる育毛剤を選択したいなら薄毛の原因に沿ったものを選んでみてください。さらに、育毛成分がきちんと毛根に届けられるかどうか?という点も選ぶ際の重要ポイントです。

大切な部分です。毛穴を塞いでしまっている皮脂汚れなどをマッサージすることで頭皮の血液循環が良くなる効果が期待できるもの、保湿力も高くて頭皮に負担なく使えるものです。シャンプーは泡立てて頭皮を揉むように洗い、しっかりすすぎましょう。

男の薄毛(ハゲ)を対策するなら、マッサージするようにしましょう。マッサージすると髪の毛の発毛効果がUPします。正しく毎日マッサージを行えば血行が良くなるため薄毛や抜け毛の対策につながります。お風呂上りに育毛剤を使う時などに頭皮の血行が良くなっている時にマッサージをするのがおススメです。

ハゲの男性の事を「ハゲメン」と言っていますが、ハゲメンと言われたとしても格好悪い人だけではありません。ハゲててもカッコイイ有名人ってくたくさんいますよね。世界的に有名な俳優の渡辺謙さん、ずっと前からハゲメンの竹中直人さんや西村雅彦さんがいます。さらには、小日向文世さん、所ジョージさんや片岡鶴太郎さん、泉谷しげるさんもハゲの有名人です。ハゲは変に隠したらダメ、カッコイイに決まってる!

ハゲで得することってある?と思っているなら大間違いです。ハゲて得しちゃうこともありますよ。それは、髪がある人には絶対に分からない事だと思います。ビジネスの場では信頼されることも。また、髪型で悩んでしまう事も無く髪の毛を洗ってもすぐにかわいくメリットも。シャンプーも長く持ちます。