読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミ No.90卯月様65才

男性が「薄毛(ハゲ)に悩んでいる」と言っても、でも、本当は男の薄毛(ハゲ)に良いイメージを持っている女性もいるのです。例えば「薄毛の人は男性ホルモンが多くて男らしい」とか、「顔つきがスッキリはっきりみえて、帽子などのオシャレも素敵に決まる」、「雰囲気が大人で良い」など。また、「長い毛に比べると爽やかな男性に見えて良い」という女性も。しかし、薄毛(ハゲ)になっているなら、良いイメージを持ってもらえるような薄毛(ハゲ)の男を目指してみるという方法もありますが、まだハゲていないなら、諦めずに、今ある髪の毛をなるべく守る努力をしてみませんか?

お出かけ前はこちらで処理するようにしています若ハゲやM字ハゲというようにハゲの種類や悩み方は異なっています。悩みの薄毛(ハゲ)を解決したいなら、まずはその原因を見つけて対策方法を考え、その方法を実行してみることが大切です。何をやっても薄毛(ハゲ)は治らないと思っている人もいるかもしれません。でも、近年は医療が進んでいますし、専門のクリニックに行くなど適切な治療によって髪が生えてきます。

男性がハゲ(薄毛)になるのは男性ホルモンが原因であることが多いです。若い時から薄毛(ハゲ)になる若ハゲは特に遺伝の影響が考えられるようですが、男性ホルモンも大きく影響しています。また、髪の毛が徐々にハゲてM字型になるのも、頭頂部からハゲてくるのも、やはり男性ホルモンの影響が大部分です。そしてハゲを治したいなら育毛剤を使ったり、なぜはげるのかという事は明確になっているので対策をしてみることが必要です。

男性の薄毛(ハゲ)にいい食事をバランスよく食べて薄毛予防をしましょう。毎日食しているものは、私達の体の素です。そして、髪の毛も食事から得られる栄養素によって作られます。男の薄毛(ハゲ)にいい食事は何かというと、栄養バランスが良い食事。ハゲの予防や対策に効果が期待できる食材はほうれん草などの緑黄色野菜、牡蠣、焼きのり、レバー、納豆などです。髪の毛の主な成分であるタンパク質、新陳代謝を促す成分であるビタミンB群を摂るといいでしょう。

男の薄毛(ハゲ)を予防するには、生活習慣を整えることが基本。薄毛になる生活習慣とは、寝る時間が遅い、シャンプーの仕方が不十分、太い、偏った食事、ストレスがうまく発散できない、体温が低めで血行が悪い、野菜より肉が好き、白いご飯など炭水化物が大好きなどです。

効果があると評判の育毛剤はいっぱいありますが、男のハゲに良いといわれる育毛剤を選びたいならハゲの原因に合うものを選ぶことが重要です。毛根に確かに届くかどうか?重要なところです。

重大なポイントになります。毛穴に詰まってしまっている皮脂汚れをきちんと洗い落とせるもの、マッサージの作用で頭皮の血行作用が良くなるもの、保湿効果が高くきちんと泡立てたシャンプーで頭皮を洗い、しっかり洗い流しましょう。

男の薄毛(ハゲ)を予防したいなら、マッサージをしてみることをおすすめします。マッサージすると頭皮が柔らかくなるので発毛が期待できます。正しくマッサージすれば血行が良くなって薄毛や抜け毛対策に効果的です。入浴後など育毛剤を使用す場合などに身体が温かく血行が良い状態の時にマッサージしてみてください。

ハゲている男性を「ハゲメン」と呼びますが、そうだとしてもカッコワルイ人だけではありません。実際に、ハゲててもカッコイイ有名人は大勢います。世界でも有名な男優の渡辺謙さん、さらには所ジョージさんや小日向文世さん、片岡鶴太郎さんや泉谷しげるさんもおでこからハゲていますね。ハゲでも見せたほうがいい、格好良くていい!という女性が思うよりいます。

ハゲて得することがあったら知りたい!絶望しかない!と思ったら大間違い。ハゲで得した!と思うこともありますよ。それは、髪の毛がたくさん生えている人には分からないでしょう。例えば、ハゲていると実の年齢よりも老けて見えてビジネスの場では信頼を得やすかったりします。また、髪型で迷ったり困ることもなく髪を洗っても早く乾きます。シャンプー剤は少しだけで済むので1本で長期間持ちます。