読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

789永田様45才

男性のハゲの悩みは、でも、本当は男性の薄毛(ハゲ)に対して良いイメージを持っているという女性もいます。例えば「男性ホルモンの分泌が多いのだから男らしくて格好いい」とか、「帽子が似合って素敵」、「顔つきがはっきりしていい」、「大人っていう感じで好き」など。また、「長髪に比べると爽やかに見えて良い」という女性もいたりします。でも、どのようにしても治らない薄毛になってしまっているなら、いいイメージを持って貰えるように薄毛なりのオシャレを身に着けるのも良いですが、まだハゲていないのであれば今以上にはげないように努力をしてみませんか?

脇毛やアンダーヘアー等濃いめの部分はさすがに数日、数回にかけてやらないと落ちないかな^^;若ハゲで悩んでいたりM字ハゲで悩んでいるというようにどのくらい悩んでいるのかも異なります。その原因を見つけること第一でそれに基づいて対策方法を考え、実行してみることが必要です。何をやっても髪の毛が復活することはないと思う人もいるかもしれません。専門の病院に通うなど適切な治療によって髪が生えてきます。

男性が薄毛(ハゲ)になるのは男性ホルモンが原因です。年齢が若いのにハゲる若ハゲは遺伝の影響みたいですが、やはり男性ホルモンの影響は大きいと言えるでしょう。また、髪の毛が徐々にハゲてM字型になるのも、つむじハゲも、男性ホルモンも大きく影響してくるでしょう。そしてハゲを予防しようとするなら発毛剤を使ったり、薄毛になってしまう原因を突き止められるので対策することが必要になります。

男性のハゲ(薄毛)に良いといわれる食事をきちんと食べて薄毛にならない対策をしましょう。毎日の食事から得る栄養は、私達の体を作るものになります。そして、髪の毛もまた毎日の食事から得る栄養素で作られています。男の薄毛(ハゲ)にいい食事は、栄養バランスが大事。ハゲの予防や対策に効果があると言われている食材は納豆や高野豆腐、レバー、牡蠣、焼きのり、ナッツ、クラものなどです。髪を作る主な成分のたんぱく質、頭皮の新陳代謝を促す作用があるビタミンB群を摂るといいでしょう。

男の薄毛(ハゲ)を予防するには、生活習慣を整えることが基本。薄毛になってしまう可能性がある生活習慣とは、睡眠時間が足りない、シャンプーがきちんとできていない事、太り過ぎている、偏った食事、ストレスの発散の仕方を知らない、血行が悪い、ご飯やうどん、パスタなどの炭水化物を食べ過ぎてしまうなどです。

効果が期待できる育毛剤はたくさんあるのですが、男性のハゲに効果がある育毛剤を選ぶ時には自分の薄毛の理由に沿ったものを選びましょう。そして、育毛剤の成分が確実に毛根まで届くかどうか?という点も選択の際の重要なことです。

大切なポイントになります。毛穴に詰まっている汚れをきちんと洗い落とせるもの、マッサージするとその効果で頭皮の血行促進が期待できるもの、保湿効果が高く頭皮に負担がないように使えるものです。シャンプーは泡立てて洗髪し、十分に洗い流しましょう。

男の薄毛(ハゲ)について悩んでいるとするなら、マッサージをおすすめします。頭皮のマッサージを習慣にすると発毛促進効果が期待できます。正しい方法で行えば頭皮の血液の流れが盛んになり薄毛や抜け毛対策ができるでしょう。入浴後など頭皮の血行が良くなっている時にマッサージをするようにして下さい。

ハゲの男性の事を「ハゲメン」というみたいですが、ハゲメンと呼ばれていたとしても必ずしも格好悪いとは限りません。実際に、ハゲててもカッコイイ有名人もいます。俳優の渡辺謙さん、若い頃からハゲていた竹中直人さんや西村雅彦さんもいます。さらには、小日向文世さんや泉谷しげるさんもハゲていますし、所ジョージさん、片岡鶴太郎さんもハゲメンです。ハゲは隠さず見せたほうが良い、格好良い!という女性が結構いるんです。

ハゲて得することを探すのは難しい!と思う人もいるかもしれませんがそれは大間違いです。ハゲで得しちゃうこともちゃんとありますよ。それは、髪がフサフサに生えている人には知る由もないでしょう。例えば、年配者に見られてビジネスの場では同年齢の人たちより信頼度が高くなることも。また、髪型も決まりやすいし、即効で乾かせます。シャンプーも1本で長いこと持ちますよ。