読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

111玉木様60才

「男のハゲ(薄毛)の悩み」と言っても、でも、実のところ男の薄毛(ハゲ)について良いイメージを持っている女性もいるんです。例えば「男性ホルモンの量が多いからハゲているので男らしい」とか、「帽子が合うし、顔つきもはっきり見える」、「大人の雰囲気で安心」など。また、「長髪よりも清潔感があるように見えて良い」という女性も。でも、薄毛(ハゲ)になってどうしようもない状態なら、いいイメージを持って貰えるようにハゲならではのオシャレを身に着けるのも一つの方法ですが、まだあきらめていないなら、薄毛の予防をしたいですね。

とても助かっています人によってそれぞれハゲの種類も色々です。男性の薄毛(ハゲ)を解決したい時は、その原因を探ったり予防法や対策方法を検討し、実行するようにしましょう。何をやっても生えてこないのでは?と思う人もいるでしょう。しかし、最近は医療がとても進んでいますし、専門の病院を受診するなどの適切な治療で治る人もいるのです。

男のハゲの原因には、男性ホルモンが挙げられます。若い人の若ハゲは特に遺伝が影響するそうですが、男性ホルモンも大きく関係してくるでしょう。また、髪の毛が徐々にM字にハゲてくるのも、頭頂部のつむじからハゲるつむじハゲの場合も、やはり男性ホルモンの影響は避けられないでしょう。そしてハゲを治そうと思うのなら発毛剤を使う、薄毛になる原因も分かっているので対策をすることが重要です。

毎日の食事で男の薄毛(ハゲ)に良いと言われているものをきちんと食べてハゲ予防をしましょう。毎日の食事から摂る栄養成分は、カラダを作る素です。そして、髪の毛もまた毎日の食事から得る栄養素で作られています。男の薄毛(ハゲ)にいい食事とは栄養バランスが整っている食事。ハゲや薄毛に効果が期待できる食材は納豆、緑黄色野菜、焼きのり、レバー、牡蠣などです。つまり髪の主成分であるタンパク質、そして、頭皮の新陳代謝を高めるビタミンB群を摂ることをおすすめします。

男性のハゲ(薄毛)を予防しようと思ったら、生活習慣に気を付けなければなりません。ハゲになってしまう生活習慣とは、睡眠の質が悪い、シャンプーのやり方がきちんとできていない、過食でデブ、偏った栄養状態、ストレスがたまってしまっている、低体温で冷え性、肉が好きで野菜は食べない、ご飯やうどんなどの炭水化物を食べることが多い!などです。

育毛剤と言われているものには本当にたくさんありますが、男性の薄毛に効果がある育毛剤を選びたい場合は自分の薄毛の理由に合ったものを選択することが大切です。さらに、育毛成分が毛根に確かに届けられるかどうか?という事についても選択の時の大事なところです。

大事なポイントになります。毛穴に詰まった皮脂汚れを十分に落とせるもの、マッサージの効果によって頭皮の血液循環が良くなるもの、保湿力もあり頭皮に負担なく使用できるものです。シャンプーを泡立てて指の腹でキレイに洗い、しっかり洗い流しましょう。

男の薄毛(ハゲ)を予防するなら、マッサージをしてみることをおすすめします。頭皮をマッサージで柔らかくすると発毛が促されます。頭皮の血行が良くなり薄毛や抜け毛の対策ができます。入浴後に育毛剤を使う際など頭皮が柔らかくなっている状態で優しくマッサージするようにしてください。

格好悪いと決めつけることはできません。世界的に有名な役者の渡辺謙さん、また、小日向文世さんもハゲメン、泉谷しげるさんや所ジョージさん、片岡鶴太郎さんもそうです。ハゲは隠さない方が良い、カッコイイ!という女性が多いんです。

ハゲて得することって思い浮かばない!ハゲで得しちゃった!と思う事だってあります。それは、髪の毛が多い人には絶対分からない事です。例えば、ハゲていると年齢が高く思われてビジネスシーンでは信頼度UPだったりするんです。また、髪型で困る事も無く髪の毛の乾きも素早いです。シャンプーも1本で長いこと持ちますよ。