93投稿者:金山様62才

男性が「ハゲ(薄毛)の悩みがある」と言っても、でも、実際のところ男の薄毛(ハゲ)には良いイメージがあるという女性も多いです。例えば「薄毛になるのは男性ホルモンが多い証拠なので男らしくていいじゃない」とか、「帽子が似合う」、「顔つきがはっきり分かる」、「大人っぽくていい」など。また、「長髪に比べると爽やかに見えて良い」という女性もいたりします。しかし、どうしても治らないハゲになっているなら、良いイメージを持たれるような薄毛の男を目指すのも良いですが、まだあきらめているというわけではないのなら、なるべく薄毛の予防をしたいですね。

除毛具合は まあまあだと おもいますが 肌に優しい所は いいですね若ハゲとかM字ハゲというようにハゲの進み具合も悩みも違います。薄毛(ハゲ)を対策するには、まずはその原因となっていることを探り予防法を見つけて、その方法を行ってみましょう。何をやってもハゲ(薄毛)には効果がないと思う方もいるかもしれません。でも、近年の医療は進んでいますし、専門のクリニックにかかるなどの適切な治療を受ければ解決できると思います。

男性が薄毛(ハゲ)になるのは男性ホルモンが原因です。特に年齢が若いのにハゲてくる若ハゲは遺伝が大きく影響しているそうですが、やはり男性ホルモンの影響はとても大きいと言えるでしょう。また、生え際からハゲてくるM字ハゲも、頭頂部からハゲてくる場合も、やはり男性ホルモンの影響はとても大きいと言えるでしょう。そしてハゲ対策をしようと考えるなら育毛剤を使う、ハゲる原因も分かっているのですから対策をすることが必要でしょう。

男の薄毛(ハゲ)にいい食事をしっかり食べて薄毛にならないように予防しましょう。毎日摂っている食品は、私達の体の素になるものです。そして、髪の毛も毎日の食事の栄養で作られます。男の薄毛(ハゲ)にいい食事は、栄養バランスが整っていること。薄毛の予防や対策に効果があると言われている食材の代表はナッツ類、大豆製品,緑黄色野菜、果物、レバーなどです。髪の毛の主成分になるたんぱく質、頭皮の新陳代謝を高める成分(ビタミンB群)がおススメです。

男のハゲ(薄毛)は、生活習慣に気を付けることで対策することができます。薄毛になりやすい生活習慣とは、シャンプーが悪い、食べ過ぎてしまう、栄養バランスよく食べていない、ストレス解消が上手じゃない、低体温で血行が悪い、野菜を食べないで肉ばかり食べる、炭水化物を食べ過ぎることが多いなどです。

ひとくちに育毛剤と言っても多くあるのですが、選びたい場合は薄毛の原因に沿ったものを選択することが重要です。さらに、育毛剤の有効成分が確実に毛根まで届くかどうか?という事についても選択の時の重要なことです。

大切なポイントです。毛穴を塞いでしまっている皮脂汚れをしっかり落とせるもの、マッサージすることで頭皮の血行促進が期待できるもの、保湿力もあり頭皮に負担がないように使用できるものです。シャンプーを泡立てて指の腹を使ってしっかり洗い、きちんと洗い流すようにしましょう。

男の薄毛(ハゲ)でヤバいと思っているなら、マッサージがいいです。頭皮をマッサージで柔らかくすると発毛が促されるでしょう。正しいやり方で毎日マッサージをすれば頭皮の血行が良くなるため薄毛や抜け毛の予防ができます。お風呂上りなどの頭皮が温かい状態の時に毎日マッサージをしてみてください。

ハゲの男性の事を「ハゲメン」と呼んでいるみたいですが、ハゲメンだと言われていたとしても格好悪い人だけではありません。実際に、ハゲててもカッコイイ有名人がいます。竹中直人さんや西村雅彦さんもハゲメンですね。また、小日向文世さんや泉谷しげるさんもハゲメン、所ジョージさんや片岡鶴太郎さんもですね。ハゲは正々堂々とハゲを見せたほうが良い、好き!と思っている女性はたくさんいます。

ハゲて得することなんてない!と思ったらそうでもないです。ハゲで得した!と思うことだって色々ありますよ。それは、髪の毛がある人には分かり得ない事です。例えば、ハゲていると実年齢よりも高い年齢だと間違われてビジネスシーンではとても信頼されたりします。即効で乾かせます。シャンプーも1本で長いこと持ちますよ。