口コミ No.652投稿者:粥川様57才

男性が「ハゲ(薄毛)の悩みがある」と言っても、でも、男性のハゲ(薄毛)について良いイメージがあるという女性も多くいます。例えば「薄毛になってしまうのは男性ホルモンの分泌が多い証拠だから男らしくていいじゃない」とか、「帽子が似合う、はっきりした顔つきに見えるので良い」、「大人の雰囲気があって安心できる」など。また、「長髪に比べると清潔感がある」と考える女性も。でも、薄毛(ハゲ)をあきらめているなら、いいイメージを持って貰えるようにハゲならではのオシャレを身に着けるのも一つの方法ですが、まだ薄毛になっていないのであれば、今ある髪の毛を大事にしたいですね。

これなら流したあとの保湿クリームもいらないかも若ハゲとかM字ハゲというように悩みもそれぞれ異なります。男の薄毛(ハゲ)を解決したいと思うなら、まずはその原因を探ること、そして対策方法を考え、実行してください。何をやっても髪の毛はもう二度と生えてこないと思う人もいるでしょう。でも、最近は医学も進歩していますし専門の病院を受診するなどの正しくケアをすれば悩みは解決できるでしょう。

男性の薄毛(ハゲ)の原因になるのは、男性ホルモンです。若い時から薄毛(ハゲ)になる若ハゲは特にやはり男性ホルモンの影響が大部分です。また、生え際がだんだん後退するM字ハゲも、頭頂部のつむじからハゲるつむじハゲの場合も、やはり男性ホルモンの影響は避けられません。そしてハゲを治したいなら発毛剤を使ったり、対策をすることが必要でしょう。

男性のハゲ(薄毛)に良いといわれる食事をきちんと食べて薄毛・ハゲの対策をしましょう。毎日の食事から摂れる栄養成分は、そして、髪の毛も食事の栄養素からできています。男の薄毛(ハゲ)にいい食事は、栄養バランスが整っていること。ハゲや薄毛に効果的と言われている食材は納豆や牡蠣、野菜や果物です。つまり髪の毛の主な成分であるタンパク質、そして、頭皮の新陳代謝を高めるビタミンB群を摂ることをおすすめします。

男性の薄毛(ハゲ)を対策しようと思ったら、生活習慣に気を付けることが大事。薄毛になってしまう生活習慣とは、睡眠時間が足りない、シャンプーが不十分である、食べ過ぎている、栄養状態が最悪、ストレスが解消できずに溜まっている、体温が低め、野菜を食べずに肉ばかりを食べる、ご飯やうどん、パスタなどの炭水化物を食べ過ぎてしまうなどです。

話題の育毛剤には男性のハゲに効く育毛剤を選択したいという時には自分の薄毛の原因に合ったものを選ぶようにしましょう。さらに、育毛剤の成分が毛根に行き渡るかどうか?という事についても選ぶ際の大切なポイントになります。

大事なポイントになります。毛穴を塞いでいる皮脂汚れなどをしっかり落とす効果があるもの、マッサージをすると頭皮の血行作用がうながされるもの、保湿力も高くて皮膚に刺激を感じないものです。十分に泡立てたシャンプーを使って頭皮を優しくもむように洗い、しっかり洗い流しましょう。

男の薄毛(ハゲ)を対策するなら、マッサージがいいです。頭皮が柔らかくなり発毛が促されます。正しい方法でマッサージすれば血液の流れが良くなるので薄毛や抜け毛にならなくなるかもしれません。お風呂上りなどの血流が良くなっているときにマッサージをするようにしましょう。

ハゲの男性の事を「ハゲメン」と呼んでいるみたいですが、そうはいってもかっこ悪いわけではありません。現実に、ハゲててもカッコイイ有名人は大勢います。すごく素敵な渡辺謙さん、竹中直人さんや西村雅彦さんもそうですね。ハゲは隠すより見せるハゲが好き!素敵でカッコイイ!という女性が大勢いますね。

ハゲて得することなんて100%ないと思う!と思ったら大間違い。ハゲて得した!という事は色々あります。それは、髪の毛がたっぷり生えている人には絶対分からない事です。例えば、ハゲていると年配の人に見られてビジネスシーンではすごく信頼されたりします。また、床屋さんで髪型をどうしようか迷う事も無いし、髪の毛を洗ってもすぐにかわいくメリットも。シャンプーも少しだけで良いので経済的。