138投稿者:恩田様57才

ハゲ(薄毛)の悩みは、でも、実際に男の薄毛(ハゲ)について良いイメージがある女性も多かったりします。例えば「男性ホルモンの量が多いからハゲているので男らしい」とか、「キャップやハットをかぶると格好いい!」、「大人なイメージで安心できる」など。また、「ロン毛と比べると清潔感がある」と考える女性もいます。でも、もしハゲ(薄毛)になっているなら、良いイメージを持たれるような薄毛の男になるのも良いですが、まだハゲになっていないなら、薄毛対策をして今ある髪の毛をなるべく維持していきましょう。

除毛のツンとくる匂いが少ないです人それぞれ違ってハゲ方も違うので悩みもまた違います。薄毛(ハゲ)を対策したい時は、まずはその原因を調べて対策法を考え、その方法を行いましょう。どのような予防法や対策をしても効果がないのでは?と考える人もいるでしょう。でも、最近は医学が発展していますし、適切な治療を受ければ効果が期待できます。

男性がハゲ(薄毛)になるのは男性ホルモンが原因であることが多いです。若い人が薄毛になる若ハゲは特に遺伝の影響が大きいそうですが、男性ホルモンも大きく影響しています。また、髪の毛が徐々にM字型にハゲてくるのも、頭頂部のつむじからハゲるつむじハゲの場合も、男性ホルモンも大きく関係してきます。そしてハゲを治すなら育毛剤を使う、ハゲの原因が分かるので対策が重要でしょう。

毎日男の薄毛(ハゲ)にいい食事を摂ってハゲを予防したり対策をしていきましょう。毎日食べている食べ物は、私達の体を作るための成分です。そして、髪の毛も食事の栄養素からできています。男の薄毛(ハゲ)にいい食事は何かというと、栄養バランスが良い食事。ハゲの予防や対策に効果があるという食材の代表は緑黄色野菜、牡蠣、納豆、高野豆腐、レバー、ナッツ、焼きのり、乳製品、果物などです。髪を作る主な成分のたんぱく質、そしてビタミンB群を多く含むものがおススメです。

男のハゲ(薄毛)を予防するには生活習慣に気を付けることが大事です。ハゲになってしまう生活習慣とは、寝不足の状態が続いている、シャンプーができていない、皮下脂肪が多い、栄養不足の状態、ストレス解消ができない、身体が冷えやすく血行が悪い、野菜不足で肉が大好き、ご飯やうどん、パスタなどの炭水化物を食べ過ぎてしまうなどです。

効果があると評判が高い育毛剤はたくさんありますが、男性のハゲに効果が期待できる育毛剤を選択しようとするときには選択してみてください。さらには、育毛剤の成分が確かに毛根に届くかどうか?という点についても大切なところです。

大事なポイントです。きちんと落とす作用があるもの、マッサージするとその作用で頭皮の血液循環が良くなる作用が期待できるもの、保湿効果も優れていて皮膚に刺激を感じないものです。シャンプーはきちんと泡立てて頭皮を揉むように洗い、きちんと洗い流すようにしましょう。

男性の薄毛(ハゲ)で悩むことになりそうなら、マッサージしてみましょう。頭皮のマッサージをすることによって髪の毛の発毛効果が期待できます。毎日マッサージを行えば血液の流れが良くなって薄毛や抜け毛の予防ができるかもしれません。お風呂上りや育毛剤を使う際の頭皮が温かい時に優しくマッサージしてみてください。

ハゲている男性の事を「ハゲメン」というそうですが、格好悪いとは限りません。実際に、ハゲててもカッコイイ有名人がいます。世界でも超有名な渡辺謙さん、竹中直人さんや西村雅彦さんもいます。そして、小日向文世さん、所ジョージさん、片岡鶴太郎さん、泉谷しげるさんもハゲの男性です。ハゲは変に隠すより見せたほうが良い、好きすぎる!と思っている女性は大勢います。

ハゲて得することなんて100%ないと思う!と思う方も少なくないと思いますが、それは違います。ハゲて得をすることも色々あります。それは、髪が多い人には決して分からないでしょう。例えば、ある程度年齢がいっている人に見られてビジネスの場では同年齢の人たちより信頼度が高くなることも。また、髪型もいつも同じで良いし、髪を洗っても即効で乾くのが良いです。シャンプーもちょっとでOKなので経済的です。