口コミ No.330投稿者:植松様58才

男性が「薄毛(ハゲ)に悩んでいる」と言っても、例えば「男性ホルモンの分泌が多いので薄毛になっているだけ、それは男らしい証拠!」とか、「ハット(帽子)が似合う、おしゃれに見える」、「大人の雰囲気がある」など。また、「長髪と比べると爽やかでいい」と思っている女性も。でも、ハゲ(薄毛)が進んでいるなら、良いイメージを持たれるような薄毛の男になるのも良いですが、現時点で薄毛になっていないなら対策をして薄毛にならないようにしていきましょう。

デリケートゾーンもオッケーです若ハゲやつむじハゲ、M字ハゲというようにハゲの種類や悩み方は異なっています。まずはその原因を見つけて対策方法を考え、その方法を行ってみましょう。どのような対策をしても効果がないと思う人もいるかもしれません。しかし、現代は医学が進歩しましたし専門の病院で診てもらうなどの正しくケアをすればよい効果が出るでしょう。

男性が薄毛(ハゲ)になるのは男性ホルモンが原因です。若い時からハゲが始まる若ハゲは特に遺伝が大きく影響しているみたいですが、男性ホルモンの影響も避けられません。頭頂部からハゲてくる場合も、やはり男性ホルモンの影響は大きく見逃せません。そしてハゲ対策をしたいなら発毛剤を使う、薄毛になる原因も分かっているので対策することが重要になります。

男の薄毛(ハゲ)にいい食事をしっかり食べてハゲ・薄毛にならないように予防しましょう。毎日摂っている食品は、私達の体を作るものになります。そして、髪の毛も毎日の食事から得られる栄養素でできています。男性のハゲ(薄毛)に良いという食事は、バランスよく栄養が摂れる食事。ハゲや薄毛の予防や対策に効くといわれている食材はレバーや牡蠣、緑黄色野菜や焼きのり、納豆や高野豆腐などです。そして、頭皮の新陳代謝を促進する成分であるビタミンB群を含む食材がおススメです。

ハゲになってしまう生活習慣とは、睡眠不足が続いている、シャンプーできちんと洗えていない、食べ過ぎている、栄養不足の状態、ストレス解消がうまくない、冷え性で血行が悪い、野菜は嫌いで肉を食べることが多い、炭水化物を減らすことができないなどです。

評判の良い育毛剤は多くありますが、男性の薄毛に効果がある育毛剤を選ぶとするなら自分の薄毛の理由に沿ったものを選んでくださいね。また、育毛成分がしっかり毛根に届けられるかどうか?という点も重要なポイントになります。

重要なことです。毛穴に詰まっていしまっている汚れを十分に落とす作用があるもの、マッサージを行えば潤い効果があり頭皮に負担がかからずに使えるものです。きちんと泡立てたシャンプーを使って頭皮を揉むように洗い、丁寧にすすぐようにしましょう。

男性の薄毛(ハゲ)で悩んでいるなら、マッサージしてください。マッサージすると頭皮が柔らかくなるので髪の毛が生える効果が期待できます。正しい方法でやれば血行が良くなるため薄毛や抜け毛になりにくくなりそうです。入浴後など育毛剤を使用す場合などに血流が良い状態で頭皮が柔らかい時にマッサージをするようにして下さい。

ハゲの男性は「ハゲメン」と呼ばれているみたいですが、格好悪いという事はできません。なぜなら、ハゲててもカッコイイ有名人がたくさんいるからです。渡辺謙さん、若い頃からハゲがかなり進んでいた竹中直人さんや西村雅彦さんがいます。そして、泉谷しげるさん、小日向文世さん、所ジョージさん、片岡鶴太郎さんもハゲの男性です。ハゲは隠すより見せてくれた方が好き!好き!という女性が結構いるんです。

ハゲて得することは多分一生ない!と思っていたら大間違いです。ハゲて得した!と感じることも色々あります。それは、髪の毛がある人だと絶対に分かるはずがないことだと思います。例えば、ハゲていることで実年齢よりも高く見られて、ビジネスシーンで信頼感を得やすかったりします。また、床屋さんで髪型をどうしようか迷う事も無いし、髪を洗っても即効で乾くのが良いです。シャンプー剤も少ししか使わないので経済的です。