509大塚様

ハゲ(薄毛)の悩みは、でも、実のところ男の薄毛(ハゲ)について良いイメージを持っている女性もいるんです。例えば「男性らしくていい」とか、「ハットが似合って素敵に見える」、「顔つきがキレイに見える」、「大人の雰囲気で安心」など。また、「長髪と比較すると清潔そうに見えるので良い」という女性も多くいます。でも、どのようにしても治らない薄毛になってしまっているなら、薄毛(ハゲ)に対していいイメージを持って貰えるように努力するという方法もありますが、まだ薄毛になっていないなら予防をしてハゲないようにしたいですね。

やっぱり4日ぐらいからチクチクの毛がはえてきました「若ハゲ」、「つむじはげ」、「M字ハゲ」などというようにハゲ方も色々、悩みも色々です。男性の薄毛(ハゲ)を解決したい時は、まずはその原因や予防する方法を見つけ、実行しましょう。何をしても無駄な努力になりそうだと考える人もいるかもしれません。しかし、近年は医療がとても進歩していますし、専門の病院で診てもらうなどの適切に治療すれば髪が生えてくるという人もいるのです。

男性が薄毛になる原因としては、男性ホルモンが挙げられます。若いのにハゲる若ハゲは特に遺伝の影響が大きいとのことですが、やはり男性ホルモンの影響が大きいです。また、生え際がだんだん後退するM字ハゲも、頭頂部のつむじからハゲるつむじハゲも、やはり男性ホルモンの影響はとても大きいと言えるでしょう。そしてハゲを対策しようという時は発毛剤を使う、薄毛になる原因も分かるので対策することが必須です。

男性のハゲ(薄毛)に良い食事をきちんと食べて薄毛・ハゲの対策をしましょう。毎日の食事から摂れる栄養は、私達の体の素です。そして、髪の毛も毎日の食事によって作られています。男の薄毛(ハゲ)にいい食事は、栄養バランスが大事。薄毛の予防や対策に効果的な食材は納豆や焼きのり、乳製品や高野豆腐、納豆やナッツ、いわしや牡蠣、果物ではみかんなどの柑橘類です。つまり髪の主成分のたんぱく質、そしてビタミンB群を含むものが良いのです。

男のハゲ(薄毛)を予防するには生活習慣に気を付けることが大事です。薄毛になってしまう生活習慣とは、睡眠不足の毎日が続いている、シャンプーがきちんとされていない、食べ過ぎてしまう、栄養バランスが良くない、ストレス解消がうまくない、体温が低すぎる、肉や脂っこいものが好き、炭水化物を食べ過ぎてしまうことが多いなどです。

ひとくちに育毛剤と言っても男の薄毛を改善するための育毛剤を選択するというなら自分の薄毛の原因に合ったものを選択することが大切です。さらに、育毛成分が確実に毛根に届けられるかどうか?という点についても選ぶ際のポイントになります。

重要なところです。毛穴を塞いでいる皮脂汚れなどを十分に洗い落とす効果があるもの、マッサージ効果で頭皮の血行作用が高まるもの、保湿する作用があり頭皮に刺激を感じないものです。きちんと泡立てたシャンプーを使ってきちんとすすぐようにしましょう。

男性の薄毛(ハゲ)で困っているなら、マッサージが良いと思います。頭皮のマッサージをすると髪が生えやすくなるでしょう。正しいやり方でマッサージすると血液の流れが良くなって薄毛や抜け毛の悩み対策につながります。入浴後の育毛剤を使う時などに血流が良い状態で頭皮が柔らかい時にマッサージをすることをおすすめします。

ハゲの男性は「ハゲメン」と呼ばれてしまいますが、そうはいってもかっこ悪い人ばかりではありません。実際に、ハゲててもカッコイイ有名人もいます。男優の渡辺謙さん、若い時からハゲのイメージの竹中直人さんや西村雅彦さんがいます。さらには、小日向文世さん、所ジョージさんや片岡鶴太郎さん、泉谷しげるさんもハゲの仲間たちです。ハゲは隠すと逆に変、好き!という女性が結構います。

ハゲて得することなんて絶対ないに違いない!と思っている人もたくさんいるかも?しれませんがそれが大きな間違いです。ハゲて得したなぁ〜と思うことも色々あるんですよ。それは、髪が多い人には絶対に分からない事だと思います。例えば、ハゲていると実年齢よりも高く見えてビジネスシーンでは信頼度が高くなることもあるんです。また、髪型もいつも同じで良いし、髪の毛を洗ってもすぐ乾きます。