16投稿者:塚本様60才

ハゲ(薄毛)に悩んでいるとはいっても、ですが、男の薄毛(ハゲ)について良いイメージがあるという女性も意外と多かったりするんです。例えば「薄毛の人は男性ホルモンが多くて男らしい」とか、「帽子が合うし、顔つきもはっきり見える」、「雰囲気が大人で安心できる」など。また、「ロン毛より爽やかで清潔な感じがしていい」という人も。しかし、薄毛になっているなら、良いイメージを持たれるような薄毛(ハゲ)を目指すのも一つの方法ですが、まだハゲていないなら薄毛にならないための努力をするべきですよね。

お肌には本当に優しく、徐毛後にローションを塗らなくても平気ですし、赤くなったりもありません若ハゲとかM字ハゲというようにハゲの種類も悩みの強さも違います。男性の悩みの一つにもなる薄毛(ハゲ)を対策するなら、その原因を見つけ予防法についても検討し、実行することが重要です。どのような対策をしても効果がないと考える人もいるのかもしれません。しかし、最近は医療がとても進んでいますし、専門の医者に診てもらうなどの適切なケアで治る人もたくさんいます。

男のハゲ(薄毛)の原因は、男性ホルモン。若いうちからハゲる若ハゲは特に遺伝が影響しているみたいですが、やはり男性ホルモンの影響が大部分を占めています。また、髪の毛がM字にハゲてくるのも、つむじの周辺がハゲるつむじハゲも、やはり男性ホルモンの影響が大きいです。そしてハゲを対策したいと思うなら育毛剤や発毛剤を使う、ハゲてしまうのがなぜか分かっているので対策することが必要になります。

男の薄毛(ハゲ)に良いと言われている食事を毎日きちんと食べて薄毛・ハゲの対策をしましょう。毎日の食事から得られる栄養成分は、私達の体を作る素になる成分です。そして、髪の毛も毎日の食事によって作られます。男性のハゲ(薄毛)にいいと言われる食事はバランスの良い食事。薄毛の予防や対策に効果があると言われている食材の代表は緑黄色野菜・レバー・牡蠣・焼きのり・納豆・乳製品・ナッツ・いわし・みかんなどの柑橘類などです。髪を作る主な成分のたんぱく質、頭皮の新陳代謝を促す成分(ビタミンB群)です。

男性のハゲ(薄毛)は、生活習慣に気を付けることが大事。薄毛のリスクが高くなる生活習慣とは、寝る時間が遅い、シャンプーでしっかり洗えていない、バランスよく食べていない、ストレス解消ができない、体が冷えている、野菜を食べないで肉ばかり食べる、炭水化物を多く食べてしまうなどです。

育毛剤の数・種類はとても多くのものを目にしますが、男性の薄毛(ハゲ)に効く育毛剤を選択するためには薄毛の原因に沿ったものを選びましょう。また、育毛剤の成分が確かに毛根に届けられるかどうか?という点も選ぶ際の重要なところです。

大事なポイントです。毛穴に詰まっていしまっている汚れをしっかり落とせる作用があるもの、マッサージの効果によって頭皮の血行が良くなる効果が期待できるもの、保湿する効果もあって頭に刺激がないものです。シャンプーはしっかり泡立てて頭皮を優しくもむように洗い、きちんと洗い流しましょう。

男性の薄毛(ハゲ)を対策するなら、マッサージでなんとかしましょう。頭皮をマッサージすることによって髪の毛の発毛効果がUPします。正しいやり方でやれば頭皮の血液の流れが盛んになり薄毛や抜け毛を食い止めることができるかも?入浴後など育毛剤を使用す場合などに頭皮の血行が良くなっている時にマッサージする習慣にしてください。

ハゲの男性は「ハゲメン」と呼ばれる人が多いですが、ハゲメンだからとは言っても必ずしも格好悪いとは限りません。世界でも有名な男優の渡辺謙さん、竹中直人さんもハゲですし西村雅彦さんもハゲです。さらには、小日向文世さん、所ジョージさんや片岡鶴太郎さん、泉谷しげるさんもハゲの有名人です。ハゲは隠す必要ない、カッコ良くて素敵!という女性が意外と多くいるんです。

ハゲて得することはないはず!と思っているならそれは違います。ハゲて得したなぁ〜と思うことも色々あるんですよ。それは、髪の毛が多い人には絶対分からない事です。例えば、ハゲていると年配の人と間違われてビジネスの場では信頼感を得やすかったりします。髪の毛を洗っても即効で乾いてしまうんです。シャンプーも一本買っておけばかなり持ちます。