978投稿者:鳴滝様64才

男のハゲ(薄毛)の悩みは、でも、実のところ男の薄毛(ハゲ)について良いイメージを持っている女性もいるんです。例えば「男性ホルモンの分泌が多いのだから男らしくて格好いい」とか、「ハットやキャップなどの帽子が良く似合う」、「大人な感じで落ち着いていて良い」など。また、「長髪と比べると爽やかでいい」と思っている女性も。でも、何をしても薄毛が治らない状態なら、良いイメージを持たれるようなハゲの男性になるのもいいかもしれませんが、まだ薄毛になっていないなら、そして諦めていないなら、今ある髪の毛をなるべく守る努力をしましょう。

広範囲でなく、ピンポイントで使い続けてみようとおもいます若ハゲとかM字ハゲというようにハゲ方や悩みの強さが違います。悩んでいる薄毛(ハゲ)を解決したいなら、まずはその原因を調べて対策法を考え、実行してみることが必要です。何をやっても髪の毛が復活することはないと思う人もいるかもしれません。でも、最近の医療の進歩はめざましく、専門の医療機関に行ってみるなどの適切な治療によって解決できるでしょう。

男のハゲの原因には、男性ホルモンが挙げられます。若い時からハゲが始まる若ハゲは特に遺伝の影響をうけるそうですが、男性ホルモンも大きく影響しています。また、生え際がだんだん後退するM字ハゲも、頭頂部のつむじからハゲるつむじハゲの場合も、やはり男性ホルモンの影響が強いです。そしてハゲを治そうと思うのなら発毛剤を使う、ハゲる原因も分かっているのですから対策をしてみることが必要です。

男の薄毛(ハゲ)に良いと言われている食事を毎日きちんと食べてハゲ対策をしましょう。毎日食べている食品は、体を作るための素になります。そして、髪の毛も毎日の食事から得られる栄養素でできています。男の薄毛(ハゲ)にいい食事は、栄養バランスが大事。ハゲや薄毛に効果がある食材は髪の毛の主成分になるたんぱく質、そして、頭皮の新陳代謝を高めるビタミンB群を摂ることがおススメです。

男性のハゲ(薄毛)を対策するには、生活習慣を整えることが大事。薄毛になるリスクが高い生活習慣とは、睡眠習慣が乱れている、シャンプーの仕方が悪い、過食でデブ、バランスよく食べていない、ストレスの発散ができない、体温が低くて血行が悪い、肉が大好きで野菜を食べない、炭水化物を食べることが好きなどです。

育毛剤の種類や数は色々なものを見かけますが、選択したい場合はハゲの原因に適したものを選択しましょう。さらに、育毛成分が確実に毛根まで届くかどうか?というのも選択の際の重要なことです。

重要な部分です。毛穴に詰まってしまっている汚れなどを十分に落とせるもの、頭皮の血行作用が良くなるもの、保湿もでき頭皮に負担がかからずに使えるものです。きちんと泡立てたシャンプーを使って指の腹で丁寧に洗い、すすぎましょう。

男の薄毛(ハゲ)について困っている人は、マッサージ!頭皮のマッサージをすることによって髪の毛が生える効果が期待できます。正しいやり方でマッサージすれば血液の流れが良くなるため薄毛や抜け毛にならなくなるかもしれません。入浴後に育毛剤を使う際など頭皮が柔らかくなっている状態でマッサージしてみてください。

ハゲの男性の事を「ハゲメン」と呼びますが、ハゲメンだったとしても格好悪い人とは限りません。その証拠に、ハゲててもカッコイイ有名人は大勢います。素敵な役者の渡辺謙さん、若い頃からハゲていた竹中直人さんや西村雅彦さんもいます。また、小日向文世さん、泉谷しげるさん、所ジョージさん、片岡鶴太郎さんも有名人ハゲです。ハゲは隠すより見せてくれた方が好き!素敵に決まってる!という女性が大勢いますね。

ハゲて得することはなかなかない!と思う方もいるかもしれませんがそれは全然違います。ハゲで得した!と思うこともちゃんとあります。それは、髪がたくさん生えている人には絶対に分かるはずがありません。例えば、ハゲていると実年齢よりも年に見られてビジネスの場ではとても信頼されたりします。また、髪型をどうしようか迷うこともないし、髪の毛を洗っても即効で乾いてしまうんです。シャンプーも1本で長いこと持ちますよ。