259投稿者:神田様44才

薄毛(ハゲ)に悩んでいるとはいっても、でも、男性のハゲ(薄毛)について良いイメージを持っているという女性は少なくないのです。例えば「男性ホルモンが多いからハゲるので男らしい証拠!」とか、「キャップやハットをかぶると格好いい!」、「大人の雰囲気」、「安心できる」など。また、「長髪に比べると清潔そうでいい」という女性も多くいます。でも、薄毛(ハゲ)になってどうしようもない状態なら、いいイメージを持って貰えるようにハゲならではのオシャレを身に着けるのも一つの方法ですが、現時点で薄毛になっていないなら努力をしてハゲないようにしたいですね。

手が届きづらい背中やうなじ、ヒップに使用しています若ハゲやつむじハゲ、M字ハゲというようにどのくらい悩んでいるのかというのも違います。薄毛(ハゲ)の悩みを何とかして解消したいなら、まずはその原因を見つけて対策方法を考え、実行することが必要です。どのような予防法や対策方法も効果がないのでは?と思う方もいるかもしれません。でも、現代は医学が進んでいますし、専門クリニックに通ってみるなどの適切な治療を受ければ解決できるのではないでしょうか。

男性が薄毛(ハゲ)になるのは男性ホルモンが原因です。特に若い時からハゲる若ハゲは遺伝の影響が大きいみたいですが、男性ホルモンの関係も見逃せません。また、M字にハゲてしまうのも、頭頂部のつむじからハゲるつむじハゲの場合も、やはり男性ホルモンの影響が強いです。そしてハゲを予防しようとするなら発毛剤を使ったり、なぜはげるのかという事は明確になっているので対策することを考えましょう。

男性の薄毛(ハゲ)にいい食事をバランスよく食べて薄毛対策をしましょう。毎日の食事から得られる栄養素は、体を作るための素になります。そして、髪の毛も毎日の食事から摂れる栄養で作られています。男性の薄毛にいいという食事はきちんと栄養が摂れる食事。ハゲの予防や対策に効果がある食材は緑黄色野菜、牡蠣、納豆、高野豆腐、レバー、ナッツ、焼きのり、乳製品、果物などです。つまり髪の主成分のたんぱく質、そしてビタミンB群を含むものが良いのです。

男のハゲ(薄毛)は、生活習慣に気を付けることで対策することができます。薄毛になってしまう生活習慣とは、きちんと寝ていない、シャンプーのやり方がダメ、デブ、栄養が足りていない、ストレスがたまり過ぎている、体が冷えやすい、野菜を食べないで肉ばかり食べる、炭水化物はたくさん食べる!などです。

話題の育毛剤はたくさん見かけますが、男性のハゲに効果が期待できる育毛剤を選択したいならハゲの原因に適したものを選択するようにしましょう。且つ、成分が確かに毛根まで届くかどうか?という点についても重大ポイントです。

大切なことです。毛穴に詰まった皮脂汚れを十分に洗い落とす作用があるもの、マッサージするとその作用で頭皮の血行効果がよくなるもの、保湿効果も優れていてシャンプー剤をしっかり泡立てて指の腹を使ってきれいに洗い、洗い流しましょう。

男性の薄毛(ハゲ)で悩んでいるなら、マッサージをおすすめします。マッサージで頭皮が柔らかくなるので髪が生えやすくなるでしょう。正しい方法で毎日マッサージすれば血流がスムーズになり薄毛や抜け毛の予防ができます。入浴後に育毛剤を使用するときに頭皮が柔らかい状態の時に毎日マッサージをするようにしましょう。

ハゲの男性は「ハゲメン」と呼ばれる人が多いですが、ハゲメンだといっても格好悪いというわけではありません。実際に、ハゲててもカッコイイ有名人がいます。有名な俳優である渡辺謙さん、若い時からハゲのイメージの竹中直人さんや西村雅彦さんがいます。さらには、小日向文世さん、泉谷しげるさん、所ジョージさん、片岡鶴太郎さんもいます。ハゲは隠すより正々堂々とした方が良い、素敵に見える!という女性がたくさんいますね。

ハゲて得することがあったら知りたい!と思う人もいるかもしれませんがそれは大間違いです。ハゲで得しちゃった!と思う事だってあります。それは、髪の毛がしっかりある人には絶対に分かるはずがありません。例えば、ハゲていることで印象が年配者という感じになってビジネスシーンではすごく信頼されることもあります。また、髪型でも迷わないし、即効で乾かせます。シャンプーも少しだけで良いので経済的。