699投稿者:立花様46才

「男のハゲ(薄毛)の悩み」と言っても、ですが、本当は男の薄毛(ハゲ)に良いイメージがある女性もたくさんいるのです。例えば「男性らしくていい」とか、「ハットやキャップなどの帽子がオシャレにキマる!」、「雰囲気が大人のイメージで安心できる」など。また、「ロン毛と比較すれば清潔そうに見える」と考えている人もたくさんいます。しかし、ハゲが進んでいるなら、ハゲ(薄毛)に対していいイメージを持って貰えるような男になるのもいいかも?しれませんが、まだハゲていないなら薄毛にならないための努力をするべきですよね。

Vラインは一回でカミソリで処理したくらいにはキレイになりました若ハゲやつむじハゲ、M字ハゲというようにハゲ方も違うので悩みもまた違います。薄毛(ハゲ)を対策するには、まずその原因を探り、予防法を考えるなどして、その方法を行いましょう。何をやっても薄毛(ハゲ)は治らないと思っている人もいるかもしれません。しかし、最近は医療がとても進んでいますし、専門の医者に診てもらうなどの正しくケアをすれば悩みは解決できるでしょう。

若いのにハゲる若ハゲは特に遺伝の影響をうけるそうですが、男性ホルモンの関係も見逃せません。また、徐々に髪の毛がM字型にハゲてくるのも、つむじのハゲの場合も、男性ホルモンの影響も見逃せません。そしてハゲ対策をしようと考えるなら育毛剤を使う、薄毛になってしまう原因を突き止められるので対策が必要です。

ハゲ対策をしてください。カラダを作る素です。そして、髪の毛も食事の栄養素からできています。男性の薄毛にいいという食事は栄養がバランスよくしっかり摂れる食事。ハゲや薄毛に効果がある食材は納豆、緑黄色野菜、焼きのり、レバー、牡蠣などです。つまりタンパク質を含むもの、頭皮の新陳代謝を促す作用があるビタミンB群を摂るといいでしょう。

男性のハゲ(薄毛)を対策するためには、生活習慣に気を付けることが必要です。ハゲるリスクが高い生活習慣とは、夜更かし、シャンプーがダメ、太りすぎ、偏った栄養バランス、ストレス解消ができない、低体温で血行が悪い、肉料理が大好き、炭水化物を食べるのが大好き!などです。

育毛剤と言われているものには山ほどありますが、男のハゲに良い育毛剤を選択しようとするときには薄毛の要因に合ったものを選んでみてください。さらには、育毛剤の成分が確かに毛根まで届くかどうか?重要なことです。

重要なことです。毛穴に詰まった皮脂汚れなどをしっかり落とせる作用があるもの、マッサージをすることで頭皮の血行促進作用が高まるもの、頭皮がしみたりしないものです。シャンプーをしっかり泡立てて指の腹で丁寧に洗い、十分にすすぎましょう。

男性の薄毛(ハゲ)について対策するなら、マッサージをするといいです。発毛効果が高まります。正しく毎日マッサージを行えば血液の流れが良くなるため薄毛や抜け毛の予防ができます。入浴後に育毛剤を使うタイミングなど頭皮の血流が良い状態の時にマッサージしていきましょう。

ハゲの男性は「ハゲメン」と呼ばれることが多いですが、そうだとしても格好悪い人だと断言することはできません。その証拠に大勢のハゲててもカッコイイ有名人がいます。役者の渡辺謙さん、竹中直人さんもハゲメン、西村雅彦さんもハゲメンです。また、小日向文世さんもハゲメン、泉谷しげるさんや所ジョージさん、片岡鶴太郎さんもそうです。ハゲでも隠す必要ナシ、格好良く見える!

ハゲで得することってある?絶望的だ!と思っていたらそれは違います。ハゲで得しちゃった!と思う事だってあります。それは、髪の毛がフサフサの人だと分からなくて当然の事です。例えば、ハゲていることで実年齢よりも高く見られて、ビジネスシーンで信頼感を得ることができたりするんです。また、髪型で悩まなくていいし、髪の毛を洗っても即効で乾いてしまうんです。シャンプーも少しだけで良いので経済的。