口コミ No.537投稿者:小森様56才

薄毛の悩みについては、しかし、男のハゲ(薄毛)に良いイメージを持っている女性もたくさんいます。例えば「薄毛の人は男性ホルモンが多くて男らしい」とか、「帽子が合うし、顔つきもはっきり見える」、「大人っていう感じで好き」など。また、「長髪と比較すると清潔そうに見えるので良い」という女性も多くいます。しかし、薄毛(ハゲ)になっているなら、良いイメージを持たれるようなハゲの男性になるのもいいかもしれませんが、まだ薄毛になっていないなら予防をしてハゲないようにしたいですね。

ワキは一回使用しただけでは、黒いポツポツはなくなりませんでしたが、毛を抜くより皮膚への刺激がない人によってそれぞれハゲの進み具合も悩みも違います。薄毛(ハゲ)を解決したいなら、まずは原因を見つけ出し、その上で対策方法を考え、その方法を実行することが必要です。何をやっても薄毛(ハゲ)は治らないと思っている人もいるかもしれません。しかし、最近は医学が進歩しており専門病院に行ってみるなどの適切な治療を受ければ効果が期待できます。

男がハゲる原因は何か?というと、男性ホルモンです。若い人がハゲてくる若ハゲは特に遺伝が大きく関係しているそうですが、男性ホルモンも大きく影響しています。また、髪の毛が徐々にM字にハゲてくるのも、つむじの周辺がハゲるつむじハゲも、男性ホルモンも大きく関係してくるでしょう。そしてハゲを治すなら育毛剤を使う、薄毛になってしまう原因を突き止められるので対策が必要でしょう。

毎日の食事で男性のハゲ(薄毛)に良いと言われているものをしっかり食べて薄毛にならないように予防しましょう。毎日の食事から得ることができる栄養素は、身体を作る素になります。そして、髪の毛も毎日の食事から得られる栄養素でできています。男の薄毛(ハゲ)にいい食事とは、栄養バランスに優れた食事。ハゲや薄毛の予防や対策に効くという食材はほうれん草などの緑黄色野菜、牡蠣、焼きのり、レバー、納豆などです。髪の毛の主成分になるたんぱく質、頭皮の新陳代謝を促進するビタミンB群をたくさん含んでいる食品がおススメです。

男の薄毛(ハゲ)の予防は、生活習慣を整えることが基本です。ハゲになる生活習慣とは、睡眠がとれていない、シャンプー剤が合っていない、過食、バランスよく食べていない、ストレスがうまく発散できない、体が冷えやすい、野菜を食べずに肉ばかりを食べる、炭水化物を食べ過ぎてしまうなどです。

効果があると評判の育毛剤はたくさんあるのですが、男性の薄毛の改善に効果がある育毛剤を選ぶ時には自分の薄毛の理由に合ったものを選択してください。さらに、成分が確実に毛根に届くかどうか?という事についても選択の際の

重大なポイントになります。毛穴を塞いでしまっている皮脂汚れなどをきちんと洗う効果があるもの、マッサージ効果で頭皮の血行促進作用が高まるもの、潤い効果があり頭皮に刺激なく使えるものです。しっかり泡立てたシャンプーで十分にすすぎましょう。

男の薄毛(ハゲ)をなんとかしたいなら、マッサージしてみましょう。頭皮のマッサージを習慣にすると発毛効果がアップします。正しく毎日マッサージを行えば血液の流れが良くなるため入浴後などの頭皮が温かく柔らかい時にマッサージするようにしましょう。

ハゲの男性の事を「ハゲメン」と呼んでいるみたいですが、ハゲメンと呼ばれたとしても格好悪いという事ではありません。なぜなら、ハゲててもカッコイイ有名人がたくさんいるからです。俳優の渡辺謙さん、竹中直人さんや西村雅彦さんもハゲメン。さらには小日向文世さん、所ジョージさん、片岡鶴太郎さん、泉谷しげるさんもいますね。ハゲでも隠さなくていい、素敵だと思う!という女性が多くいますね。

ハゲて得することがもしあるなら知りたい!と思っている人も少なくないと思いますがそれは違います。ハゲて得した!という事は色々あります。それは、髪がたくさん生えている人には分かり得ない事でしょう。例えば、ハゲていることで実年齢よりも高く見られて、ビジネスの場では信頼度が高かったりします。髪の毛がすぐに乾くというメリットもあるんですよ。シャンプー剤は少しでOKなので減りが遅いです。