口コミ No.169投稿者:小清水様54才

男の薄毛(ハゲ)の悩みは、しかし、男性のハゲ(薄毛)について良いイメージがあるという女性も少なくありません。例えば「薄毛になるのは男性ホルモンが多い証拠なので男らしくていいじゃない」とか、「帽子が似合うから格好いい」、「大人の雰囲気があって安心」など。また、「長い髪の毛よりも清潔感があって良い」という人もいます。しかし、ハゲが進んでいるなら、いいイメージを持って貰えるようなハゲの男になるのも良いですが、まだハゲていないなら薄毛にならないための努力をするべきですよね。

カミソリには戻れません、使い続けます「若ハゲ」、「つむじはげ」、「M字ハゲ」などというようにハゲの種類も違うし、悩みの強さも違います。薄毛(ハゲ)の悩みを解決しようとするのであれば、まずは原因となっていることを探り、その上で対策方法を考えて、実行してみることが必要です。何をやってもハゲは治らないと思う人もいるでしょう。しかし、現代は医学が進歩しましたし専門の医者に診てもらうなどの正しいケアで治ってしまう人も少なくありません。

男の薄毛(ハゲ)の原因になるのは、男性ホルモンです。若いのにハゲる若ハゲは特に遺伝の影響が大きいとのことですが、やはり男性ホルモンの影響の方が大きいです。頭頂部から徐々にハゲるつむじハゲも、男性ホルモンの影響も避けられません。そしてハゲを対策したいと思うなら育毛剤や発毛剤を使う、なぜはげるのかも分かっているので対策をしてみてはどうでしょうか。

毎日男の薄毛(ハゲ)にいい食事を摂って薄毛・ハゲの対策をしましょう。毎日の食事から摂る栄養成分は、そして、髪の毛も毎日食べる食事の栄養素から作られます。男の薄毛(ハゲ)にいい食事とは、栄養バランスに優れた食事。ハゲの予防や対策に効果が期待できる食材は納豆や高野豆腐、レバー、牡蠣、焼きのり、ナッツ、クラものなどです。髪の毛の主な成分であるタンパク質、新陳代謝を高めるビタミンB群を摂るようにするといいでしょう。

男の薄毛(ハゲ)は、生活習慣を整えることが大事。薄毛になる可能性がある生活習慣とは、毎日寝不足、シャンプーの仕方が悪い、太り過ぎている、栄養が不足している、ストレス解消が下手、冷え性で血行が悪い、肉や脂っこいものが好き、炭水化物を減らせない!などです。

話題の育毛剤には本当にたくさんありますが、男性のハゲに効く育毛剤を選択するためには自分のハゲの理由に適したものを選択してくださいね。且つ、育毛成分が毛根に確かに届くかどうか?という点も選ぶ際のポイントです。

重大なポイントです。毛穴に詰まった皮脂汚れなどをきちんと洗い落とせるもの、マッサージすると頭皮の血行作用が良くなるもの、保湿ができ十分にシャンプーを泡立てて頭皮を揉むように洗い、十分にすすぐようにしましょう。

男の薄毛(ハゲ)でヤバいと思っているなら、マッサージするのが良いと思います。頭皮のマッサージをすると発毛が促されるでしょう。正しい方法で毎日マッサージを行うことで頭皮の血液の流れが良くなるので薄毛や抜け毛の対策になるでしょう。入浴後に育毛剤を使う時など頭皮が柔らかくなっている状態でマッサージをするようにして下さい。

ハゲている男性を「ハゲメン」と呼ぶそうですが、ハゲメンであったとしても格好悪いと決めつけることはできません。その証拠に、たくさんのハゲててもカッコイイ有名人がいます。若い頃からハゲがかなり進んでいた竹中直人さんや西村雅彦さんがいます。また、小日向文世さんもハゲメン、泉谷しげるさんや所ジョージさん、片岡鶴太郎さんもそうです。素敵!という女性が結構いるんです。

ハゲて得することがもしあるなら知りたい!と思っているならそれは違います。ハゲて得した!と思ってしまうことも色々あるんです。それは、髪の毛がたくさんある人には絶対に分からない事だと思います。例えば、実年齢よりも年齢が高い人だと思われてビジネスの場では信頼感を得やすかったりします。また、髪型で困ってしまう事も無く髪の毛を洗っても即効で乾いてしまうんです。シャンプーの減りもすごく遅いです。